サコサコステーション

徒然の思いを記してます。ごゆっくりどうぞ。

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
kanikuso公演情報
kanikuso 第15回公演
二人芝居「あるく。はしる。すすむ。」
2015年11月27日(金)〜11月29日(日)
作/演出 : 迫田 元
チケット予約はこちらより

■劇場
新宿サニーサイドシアター

■CAST
斉藤 太一(kanikuso)
渡辺 文香(kanikuso)
kanikuso公演DVD販売
昨年夏に行いました、
kanikuso PRESENTS
オムニバス公演#1
「春のは、夏のな。」
DVD販売を受付けております。
ご購入はこちらより
春夏フライヤー

Webラジオ「じゃむ☆ぽろり」

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< Do稽古Do稽古。 | main | 本番迫る。 >>
太一くん、ぶっ飛ぶの巻。
寒くなってまいりました。
こんんばんわ。
お盆が明けてから、怒涛に走り続けています。
なので、「ん」も一つ多くなります。
なんだか、年の瀬の足音も聞こえてきていますね。

さて二人芝居の稽古の只中です。
稽古中に休憩をなかなか取らない、取れない、取るタイミングがいまだに掴めない、掴めていない演出家として、知る人ぞ知る存在であるわたくしですが、とうとう先日、やらかしました。

そうです。
タイトルのとおりです。
太一くんが、ぶっ飛びました。
その絵を、ある人は、コテンと形容するでしょう。
その絵を、ある人は、ヘナヘナと形容するでしょう。
その絵を、ある人は、バタンと形容するでしょう。

よーく考えて見ると、二人しか出ないわけですから、
稽古も二人のところだけですし、
二人がずーっと駆けずり回って、台詞を吐きだして、
を繰り返しているわけです。

その日は、黄色い声援を飛ばす子供たちもおらず、
みっちーりと、がっちーりと、稽古を積んでいたわけです。
喫煙者であるわたくしが、一服する時が、唯一の小休止となるわけですが、
その間も、二人は台詞合わせをし、私が稽古場に戻ると、またシーン稽古が再開される、そんなことを繰り返し、稽古スタートから7時間が経過したその時に、その瞬間に、太一くんは飛んで行きました。

人間の限界を越えた、人間がどうなるかを、見ました。。。

太一くんと文香ちゃんの二人に共通していることは、限界を設けないことです。お客様によりよい作品を観ていただきたいという気持ちはもちろん、私が書きあげた世界観を一滴残らず体現してみせるという強い意志のもとで、その作業に没頭しているわけです。kanikusoの看板を背負ってくれているわけです。
そこには疲れている、眠ってない、忙しいなど言い訳なんてものはありません。

役者の体調や、人間の限界も、ちゃんと演出家としてコントロールせねばならないと思ったと同時に、是が非でも、二人の本気をお客様に観ていただきたいと思いました。
太一くん、文香ちゃん、本気です。
魂、込めてます。

11/27〜29まで、新宿にて。
是非見届けてやってください!
チケット予約はこちらより

 
| main | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://sako.kanikuso.net/trackback/1301086
このページの先頭へ